年末

30日になってついに雪が降り始め、今朝は5cmほどの雪が車の屋根に積もっていた。そんな雪の降る昨夜、久しぶりに飲みに出かけた。ちょうど日曜日に重なっていつもの居酒屋がお休みで、別のお店の暖簾をくぐる。何組かの客が座を囲み楽しそうに酒を楽しんでいる。早速、我々も席に着き”生ビール”で乾杯。あれこれつまみを頼み味わいながら腹ごしらえをする。次に何時ものバーへ。店内は誰もいなくて静かだ。マスターに「なんでもいいから暖かい物を」とオーダーしカウンター席に着いた。出されたのはホカホカの”カルアミルク”一口飲んで暖かさを味わう。マスターがグラスにラムをたして再度味わうように薦めてくれた。味がスッキリと大人の味になった。少し体が温まったところで次のオーダーをするべく「何かお勧めは!?」出てきたのは”TOMATIN 1976”鼻の奥をくすぐるような濃厚な香りがする。含むと口の中にぱーっと広がる感じで、少し甘みがありトロ~とした味わいはすばらしい。ちなみにアルコール度数は57.6度とかなり強め。ほかにも中東レバノンのワイン”Chateau Musare 1997”そしてマスターオリジナル”白いカラス”日本酒をベースにした独特の風味を持つカクテル等を楽しんだ。後は、小腹が空いたのでラーメンをすすってほろ酔いで帰って寝よう・・・
広告

イルミネーション

お休みの日。出かけた帰り道。真っ暗な国道を走っていると突然”パッ!”と開けたように光の空間が現れた。白と青の幻想的世界。