波乗り 07.08.22

休日の2日目は午後から波のサイズが上がってきたので、大急ぎで海へ!久しぶりで、波乗りを忘れてしまうぐらいである。夏の高気圧が強すぎて、猛暑と波なし状態が続いたこの夏。やっと波が出た。ポイントの3箇所ぐらいで数人から10数人づつ入っていた。サイズは胸前後でたまに少し大きめのセットが入ってくる。着替えて板を抱えてポイントに入る。パワーはあまり無い。体が重くて思うように動かない。水温はかなり高くタッパを着たが暑くて脱ぎたいくらいだ。ヨタヨタした感じで何本かテイクオフ。そうこうしているうちに雷が鳴り出した。ヤバイな~!と思いつつせっかくの波なのでもう少し粘ることにした。シカシ、ゴロゴロだけでなく稲妻の青白い光が見えたのであきらめて上がった。今度はカメラを持って浜でサーフライドを追う。夕方で逆光のため上手く撮れない。その上、今度は突然の夕立。慌てて車に引き返し退散する。
広告

弘法市 07.08.21

8月はずっと休みが無く、やっと21・22日と連休をとった。少し遅い”お盆休み”だ。波乗りをしたいが波は無し。それで21日ということで東寺の弘法市に出かけることにした。夏の京都はことのほか暑く、特に今年は全国的に猛暑で熱中症などを気にしながら見てまわった。時折風が吹き、暑いながらも心地よさもあった。途中、カキ氷を食べながら、冷たくて甘い味を楽しむ。全体に露天の数が何時もより少なく,人出も少なかった。やはり、猛暑を警戒してなのだろうか?

お盆

 お盆で家族が集まり、”一杯”やることになった。腹ごしらえを兼ねて居酒屋に入った。お盆の割には空いていて、ナマチューと焼き鳥で”乾杯!”そこそこに飲んで食べて次に!何時ものバーに入るとここも空いていてカウンターでゆったりとくつろぐ気分でソルティードッグをオーダーすると、こだわりのマスターが「今日は合う塩が無くて・・・」とフルーツのカクテルもいい材料が無くて、結局「それでは何か?旨いワインはある?」といって出されたのが”Chateau Musar”というレバノンのワイン。赤でコルクの栓を手渡され匂いを嗅ぐと少し酸味が強く若い感じがした。グラスに注がれたワインを口に含む。酸味に加え渋みが強く残る。二度目に注がれたワインはいくらかマイルドに感じられ、その後出されたカマンベールチーズを食して再びワインを口にするとナント!?同じワインなのに甘みが出てきた。なかなか旨い!なんとも不思議な味の変化を楽しみながら、他にも”Curtis”というスコッチウイスキーや色のきれいなグリーンティーのカクテルさらにコーヒーのお酒とラムのカクテル等を味わった。ほろ酔いが心地よい。この後、当然のことながら旨いホルモン焼きを食べに行き腹いっぱいで帰宅。後は夢の世界へ!

花火

昨日、台風の影響を心配されながらも何とか雨も降らず花火大会が行われた。フェーン現象で日中の最高気温が36.6度ととてつもなく暑い一日だったが、夜は台風の影響による風が吹き、逆に暑さを吹き飛ばす快適さを与えてくれた。仕事を終え我が家の屋根にカメラを持って上がり、打ち上げられる花火を楽しみながら夢中でシャッターを切った。(こちらから花火の写真を見る