気分転換に一杯

景気がイマイチパッとしない今日この頃、まだ仕事は休みではないがなんとなく気分転換に一杯やりたくて夜の闇にまぎれて居酒屋へ。気分転換なので一度も入ったことの無いお店に行ってみた。この時期なのにそんなには混んでいない。来る途中、行き交う酔っ払いもほとんど見かけることも無く他のお店もかなり空きがあるようで、一部のお店を除いてはイマイチな年末のようだ。あれこれとメニュ-を見ながらつまみをオーダーする。そこそこに腹ごしらえをして一時間半ほどして次に移動する。後はなれたお店で落ち着いてゆっくりと飲むことに・・・。最初はソルティードッグ・・・旨い!グラスの縁の塩をなめながら味わう。次にマスターのオススメのコニャックを飲む。”Prince Hubert de POLIGNAC"グラスを手のひらで暖めながらふくよかな香りを楽しむ。口当たりもまろやかでのど越しも滑らかな旨い酒だ!他にフローズンカクテルを楽しんだ後に再びマスターオススメの新しいカシスのお酒”au Cassis"トロ~とした口当たりで独特の酸味が美味しい!液体ジャムのような感じ。そして最後にイタリアのお酒でアルコール度数75度という”LATTE DI SUOCERA"ラベルにはドクロのデザインという何か危険な雰囲気!?小さいグラスに注がれたお酒をそっと口に含んでみる。”ウッ!キョ~レツな刺激。口の中に甘さと苦さが残る。マスターがライターで火をつける。ポ~ッ!と蒼いキレイな炎が上がる。照明を落として炎の明かりを楽しむ。グラスの縁が熱くなっているのでグラスをまわしながら冷まして再び口にする。ナント!?味が変わっている。より甘みを増し、その甘みはすぐにひき、後にいくらかソフトになった苦味が残る。酒の味を楽しむというより話のネタに雰囲気を楽しむような感じである。しかしながら酒の世界も奥が深いものでこれからもいろんな酒を楽しみたいものだ。
広告

クリスマスイブ

24日、夜には雪も止み久しぶりに雪かきをしなくてよい。”ほっと”できる。世間はクリスマスイブということで盛り上がっているのだろうか?私には雪かきをせずに済むことが何よりのクリスマスプレゼントである。

寒波襲来

今年の12月は寒波の襲来が続きあちこちで記録的(12月として)な大雪に見舞われている。おかげで何年ぶりかのホワイトクリスマスになるようだ。しかしロマンチックな夢なぞ見てる間は無い。毎日の降雪で、一日が雪かきで始まり、雪かきで終る。”腰が痛~い!そのうえ海はおお時化の状態が続き、ろくに波乗りもできない。”もう雪いらないよ~!

三井寺

一週間ぐらい前に深夜のTV番組に「京都チャンネル」???というのがあって、その日の内容が
みうらじゅんといとうせいこうの”見仏記”だったと思う???滋賀の仏像とあったので録画をして後日見ることに・・・。みうらじゅん氏といとうせいこう氏の二人が滋賀にあるお寺を巡り仏像を見るということで見ていたら”三井寺”が紹介されていた。まだ一度も行ったことが無いので是非一度・・・ということで行ってきました。家を出るときは雪が降っていたが大津は良いお天気で青空が見えている。ただ風が冷たく広い境内を見て回るのは結構辛いものがあった。ちょうど観光バスが到着して韓国からのツアー客が沢山見学に来ていた。仁王門を入り順路に従って見学して回った。途中、あまりに寒く、観音堂の近くのみやげ物店にある喫茶コーナーで暖かい”ぜんざい”を食べた。窓から琵琶湖の風景を楽しむ。一息ついたところで見学を続けた。残念なことに見たい仏像をほとんど見ることができなかった。百体堂でかろうじて観音様を見ることができたぐらいで、他の場所は公開されていなかった。もっと沢山の仏像を公開してくれれば良いのに・・・と思いつつ家路へ。

雪景色

昨日は朝から雪が降っていて、駐車場には20cmぐらい積もっていた。車の雪を取り払い出かけると郊外は一面の銀世界になっていた。雪を被った柿の実が寒そうだ!街路樹も真っ白になって夜のイルミネーションとは違った美しさがある。

ついに雪が!

昨日の午前中はまだ青空が見えていたが午後からくずれて夜にはみぞれ交じりの雨になった。そして・・・今朝起きたらついに雪が降ってきていた。まだ積もるほどではないが、屋根や車が白く雪化粧。
いよいよ寒い冬の始まりだ!