メンテナンスとチューンナップ

どんなものでもメンテナンスは必要です。私は波乗りを楽しんでいるので愛用のロングボードを常にベストのコンディションに調整しておく必要があります。しかし最近はつい面倒になり殆どほったらがし状態です。ボードのデッキは古いWAXが重なり合って、とても乗りづらくやむなくWAX落としをすることになった。WAXを簡単に取り除くために液体リムーヴァ(Decant-無臭)を使用。スプレイ式で使いやすくなっている。それでもかなり力が必要で汗だくで作業完了。ボード全体を点検。大分使い込んでいるのでデッキに凹みが目立つ。幸いに修理を必要とするようなキズは無く、やれやれである!それではせっかくWAXをキレイに取り除いたのでチューンナップを試みることにする。最近開発された新素材がボードのスピードアップに優れた性能を発揮すると聞いて是非試してみたいと思い、メーカーに発注。それが入荷したので早速作業に取り掛かる。といっても、たいした作業ではない。液体をスポンジを使いボードのボトム全体に塗布するだけ。いたって簡単チューンナップである。ついでにボードにセットするフィンにも塗布する。約1時間の乾燥で作業終了。できたーっ!後は波が出るのを待つだけだ。波の無い日が2日間続いて5月17日小さいがテイクオフ可能な波が出た。早速準備して海に向かう。ヒザ~コシの波でたまにそれより大きめのセットが入ってくる。最初はオールラウンドボードで試してみる。パドリングは軽やかだが波が小さいので特に差を感じることは無い。テイクオフも滑らかに走り出すが、普通に乗れているのでよくわからない。それではハイパフォーマンスボードを使って試すことにする。フィンはTURBO TUNNEL7.5"をセット。(ボードはいつもタイプの違う2枚を用意している)サイズや浮力が小さくその上ロッカーがかなりキツイのでこの波で乗れるのか?不安である。まずパドリングは滑らかでいい感じだ。モモぐらいのセットが入ってきたので波にあわせてパドル開始。スーッと滑り出した。乗れるじゃん!少し体重を入れる。スピードは無いが軽く回る。イイネーッ!何度か繰り返しテイクオフする。イケル!乗った瞬間頭の中をベンチャーズパイプラインか?いやダイヤモンドヘッドがガンガン鳴り響いてるような気分だ。テケテケの音が心地よい。約2時間楽しめた。是非大きな波で試してみたい。次の波が待ちきれない。簡単チューンナップはこちらからどうぞ!

広告


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中