野生のシカ

昨日、出かけていて帰りが遅くなった。午後10時を過ぎていた。移動中の山道で暗がりの中にキラリと光るものが・・・!?車のライトに照らされて、暗闇の中にぼんやりと映る影。山の斜面にシカがいた。キョトンとした表情でこちらを見ている。車を止めてカメラを向ける。”ピカッ”とフラッシュの光があたりを照らし出す。距離があるせいかじっとしたまま見ている。車を動かすと、さっと闇の中に消えていった。道路に飛び出して車に轢かれる事故が時々起きている。野生と人間との境界がなくなってきて、いろいろな問題が今後も起きそうで心配である。

広告

One Comment on “野生のシカ”

  1. KeY-Bo より:

    こんにちは!鹿のお話なら、10年位前のことになりますが養父のはさまじ峠で角の立派なオス鹿と軽乗用車の衝突事故がありました。鹿のほうは倒れてご臨終のようでしたが軽乗用車も、横倒しになっていました。鹿の体格はかなり大きかったので車のほうがはね飛ばされたようです。人間と自然の境界を作るのは難しいですけど、仕切りを作らなければ悲劇を生むことになる、なんだかジレンマですよね


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中